2013年07月07日

遠くまで見渡せる場所。

すこし真面目な顔で 息子くんがいう。

こんど 夜に自転車にのって でかけてきてもいいかな、と。

部活のあと、ひとりで 自転車にのって
すこしだけ 遠出したいんだそうだ。

月に吠えるのか。


友達と チャリこぎながら
ブラブラしながら話したいのか。


どちらにしても 青春のはじまりだ。


遠くまで見渡せる場所が この年代には必要だ、と 心理学の本で読んだのを
ふっ、とおもいだした。

私の 遠くまで見渡せる場所、は。

子供部屋のまどから 登った屋根の上。

ちっぽけな街の灯りやら 山のカタチやら ながめていたなぁ。

あの頃のわたしには 遠くに見えた風景も、いまとなっては そう遠くまで見渡せたわけでもなかったんだな。

坂本龍馬が太平洋をのぞんで、

「海の向こうはアメリカぜよ」と、

思いをはせた 絶対的におおきなもの、広い世界にふれながら 大人になるって、とても 素晴らしい。

いまごろ思う。いまになって。



夕暮れの東京砂漠?をチャリでかけぬける君よ。

君のほほをなでるのは 潮風ではなくて、家々の夕餉の匂いや窮屈に並んだ店や 連なるマンションからの 
室外機の熱風を孕んだ 風。

だけど、どこかにきっとある、

思いを馳せる場所を

うまく 探しだすんだ。

そしてお腹がすいたら

帰ってくんだぞ。














posted by 浜崎直子 at 16:45| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんちはこんばんは直子サン。

子供の頃の
少しだけ遠くまで見渡せた場所は
大人になった頃
気付いたら無くなっていました。
いつまでも無くならないような場所を
もう一度探したいと思います。

さっきツイート拝見してまして。
こちらも一瞬夕立ちがあって、
濡れたアスファルトが乾いていく匂いに
少し立ち止まって深呼吸してしまいました。

で、帰宅して、洗濯機を回しながら
うちわ片手にこれを書いています。


毎日暑いですね
お体に気をつけて頑張って下さい。

Posted by ブレ玉パスちゃん at 2013年07月14日 19:11
…私は40歳 記憶喪失の身体障害者1級です(^-^)v 心臓が悪くて3日間の意識不明で…倒れる前日にデートしていたプロレスラーとの1年間の記憶も消えました…だけど レプリカ KAGEROHは 記憶アリ☆忘れておりません!!
Posted by 福田幸恵 at 2013年07月24日 06:29
事前に母親に言うなんて、素敵な息子さんですね(^O^)
私も、自転車で隣の校区(笑)まで足を延ばすのはちょっとした冒険だったし、新しい物の発見の連続で面白かったなあ…
門限に間に合わなくなって家を閉め出されたり…(笑) 懐かしいです。

屋根の上…と言えば初恋…
軒先のペンキの色褪せたところに初恋の子の名前を手で書いたり…

いいなあ…青春…

たくさん落ち込んで、悩んだ時だったけど、もう一回やってみたいな…
Posted by タナカヨシカズ at 2013年08月03日 02:54
懐かしいですね♪
『いつの間にか屋根にはもぅ登らなくなった』
って、歌詞を思い出してしまいました。

僕達に青春をありがとう。
Posted by 高藤龍一 at 2013年08月19日 00:24
始めまして直子さん。
正直、レプリカさんの曲はリアルタイムでは
あまり聞いた事が無かったんですが(すいません(汗))youtubeでblueを聞いて、すごい良い曲だったんでネットで調べたらブログがあったので寄らせて頂きました。

あっ、ちなみに他の曲も好きですよ^^

ライブ頑張ってくださいね^^
Posted by むさし at 2013年08月22日 00:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。