2013年03月12日

在ること。下北沢440 の夜。

東日本大震災から二年。
今日も 穏やかな 空の青さでした。

二年まえ、今日みたいな空の青さを見上げながら 自分の、生き物としての命のはかなさ、日常の儚さを 感じました。
あの感覚はいまも忘れない。
空が 地上で起きてる 大惨事とまったく関係ない 美しさで そこに在るんだ、ていうことを いまごろ 思い知った。

人間が決して抗うことができないものが在ること。

いま在る時間は決して あたりまえでも永遠でもないこと。

なにも出来なくても 忘れずに、思いを馳せることはできる。
ずっと 忘れずにいること。

そんなことを おもいながら
今日は下北沢440にいってきました。YASSの呼びかけでの 東日本大震災チャリティライブイベント。
気持ちひとつもってミュージシャンも お客さんも 440へ集まった夜。

とても温かい、そして 明るいエネルギーあふれる楽しいライブでもありました。

会場にきてくださったみなさん、ありがとうございました。

そしてYASS(高田くん☆)声かけてくれてありがとう!

P.S
ライブ終了後、久々に同い年チームで陣内大蔵くん、YASSと飲んだのも 短かったけれど いい時間でした。写真とっとけばよかったなぁ。(^^;;>







posted by 浜崎直子 at 12:54| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホントにその通りだと思います。
日常に追われ、ついつい不満が口に出てしまうけれど、それも生きていればこその話…

前進あるのみ!^^;
Posted by タナカヨシカズ at 2013年03月17日 16:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。