2012年10月26日

志の輔らくご。役者魂、そして いちどは やってみたいけど、、、。

赤坂ACTシアターに 立川志の輔さんの
志の輔らくご を観にいってきました。
今回は 中村仲蔵という 実在の歌舞伎役者のお話。
血筋が強い 歌舞伎の世界のなかで、
器の大きい役者との出会いがあり、才能を認めてもらい 厳しい階級を乗り越え、一流の役者となり、後の演劇、歌舞伎界に大きな影響をのこした 人物。

本当に面白い、胸を打つお話。

ま、あまり 全てを書いてしまっては もったいないから お話はこのくらいに♪

とにかく!主人公の心意気に胸うたれ、またもや 現実には 志の輔さん一人を舞台で観てるはずなのに 登場人物や 場面まで観てきたかのような この 余韻、いやむしろ残像。

落語をみているんだけど、 歌舞伎をみてきたかのような感覚です。

さいごに志の輔さんが なんども
「予定より また長くなってしまいました。」と、おっしゃっていたのだけど
面白いことに 、わたしは 一瞬もながい、とはおもわなかったんだよ。

当日、ガタイのいい 、座高もたかい、頭も大きめな おじさまが 目の前の席に一列陣取っていて、それを避けるために 最初は体勢をあーでもない、こーでもない、とウゴウゴしながら片目ずつで やっとこ 舞台をみていて 辟易していたのですが、しばらくすると まったく気にならなくなったのです。
現実的には 変わらず 前の列におじさまがたは 鎮座ましましているだけど、
もう私の目は、いや、脳には映らなかった。

そのかわりお話のなかの映像がまた 鮮明に残っているのです。

人間て、不思議ね。ほんとうに。

何を観るか、何を感じるか、で
まったく 違う空間にいることもできる。

そして

お話のなかで、 仲蔵の役作りのくだりでは すごく自然に大滝秀治さんのことが思い浮かんだ。役者魂。

そんな役者魂の見える瞬間に「よっ!!さかえ屋!」とか 「澤瀉屋!」
とか 言えたら 気持ちいいだろうなぁ。
ソレは大向こう、という 方々だけが許されてるらしいです。
(応援とかアイドルへ「きゃー!山P〜!」とか、そういう掛け声とは違うらしいですよん。)

うーん。
できるなら いつか 言ってみたいものだわ 。



image-20121026072914.png



















posted by 浜崎直子 at 07:35| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
NAOKOさんのライブも楽しみにしております。

いつか是非東京でも!!!
Posted by at 2012年11月07日 22:17
AMラジオ(笑)でも落語が放送されている時間があります。登場人物や設定が飲み込めるまでは何も面白くないのですが、それが分かり始めると、次はどう展開していくのかが楽しみで、つい聞き入ってしまいます。 ラジオだから、表情や身振り手振りも見えないんですけど、声だけで情景が浮かびますウインク 喜怒哀楽、起承転結があって面白いです。 これもまた職人芸だなあ〜と思います。。
Posted by タナカヨシカズ at 2012年11月09日 09:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。