2012年08月07日

オリンピックと夏過ぎる夏

過ぎたるは なんとやら。夏らしさを爽やかに描写するエナジーをください。

元気でいなきゃな、と 危機感を感じるほど暑い!

東京砂漠だよ。いや、東京熱帯、か?オリンピック開催地、ロンドンでよかったね。。。。。と、

テレビに語りかける 毎日です。



いろんなドラマがあって、ひとつづつ書けない。 

あえてあげるなら。。。



日本サッカーが男女ともベスト四に残るなんて本当にすごい!

この四年間での驚異的なサッカー力の底上げを感じます。

個々の技術はもちろんなんだろうけど メンタルとゆうか気持ちが見える試合をしているのがすごいな、とおもう。海外でプレー素選手する選手も増えていることも大きいとおもうけれど 男女とも思いが団結している感じが
すごくいいな、とおもう。いっそ金穫れたらいいのにな。神様、穫らせて下さい。穫って良いでしょう、うん。
もうここまでくれば 結果なんてどちらでもいいのだけど、ここまできたからには、てのもある。
選手のみなさんのために、ね。

観ているこちらも ばっちりパワーもらっちまうど〜。



しかし。どの競技を観てもアスリートの皆さんの神々しい美しさにため息がでます。

同じ人間、骨やもとの筋肉はそんなにはかわらないだろうに。

人間てすごいね。底知れぬ。。。


そして改めて時の流れを感じたな。



念願の金メダルを穫った内村航平選手。少年から青年になっていた。

そしてなんというか。。職人の顔。

自分の精神と向きあい続けて来た老成された表情。

個人の床運動が終わったあとの笑顔で 実年齢が急に戻って来たのがほっとした。



松田選手を 讃えていた北島選手は 諸行無常も頂点も知っているからこその包容力とあたたかな言葉。

表情は晴れ晴れしていたけれど 枯山水のような清々しさ。 

一選手としてでなく 日本の水泳界をその背中でしょってきたからこその、安堵感みたいなものがみえた。

しょって来たものは きっと どんなに想像しても想像できないほど とてつもなく 大きいのだろう。



あらためて 四年の月日が流れたんだな、と感じました。
 
一つのことを突き詰めて 気の遠くなるような時間を積み重ねて どの選手もあの特別な場所に立てる。

オリンピックにでられなかった 無数のアスリートたちの日々も選手達の足下にある。

 


はなしは変わって。今日は 8/17スイートベイジルの ザ ヒットパレーズさんのリハーサルに参加してきます。

ゲストで歌わせていただく選曲、渋いよん。とくに専属歌手のYUKIさんが 選んでくれた一曲はロックな歌詞で ゾクゾクします。
どんな感じで楽しく暴れて参りましょうか。わくわく。

是非当日お楽しみに。では。いってきます。















posted by 浜崎直子 at 18:27| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。